コーチ バッグ 皮2

コーチのバッグの経年変化の素晴しさについて私の気持ちをお伝え
してしまいましたが、
コーチについて、ちょっと調べた事があり、こんな事が載っていました。


コーチの創業者は、野球のグローブを参考、タタキ台にして、
コーチのバッグを産み出したそうです。


私は、『なるほど!』と思いましたね。


野球のグローブも使えば使うほど、味が出てきます。

やわらかくなり見た目も良くなります。

それでいて丈夫なのです。



まさしくコーチのバッグの経年変化・成長と同じですね。



コーチのバッグの皮はそれ程、選び抜かれた皮を使っているんでしょうね。


私はこうしてコーチのバッグと共に成長(?)して来ました。


モノを大事に、大切にする心を学んだ事も、コーチのバッグのお陰です。


私は今でもモチロン、コーチのバッグが大好きです。


愛しています。。。


私個人としては、もうちょっと無地系のコーチのバッグ、
増やしてもらいたいとは思っていますけどね。。。


コーチのバッグはあなたと一緒に【成長】していきます。


コーチのバッグをあなたの子供のように大切に【育てて】くださいね!


経年変化と言う素晴しい恩返しをコーチのバッグは
あなたにもたらしてくれますよ!


コーチ バッグ

コーチのバッグ、私は大好きです。


今から○○年程前(笑)、私が高校を卒業したばかりの頃、
コーチのバッグをプレゼントしてもらいました。


両親からの卒業プレゼントでした。


私はその前から良くファッション雑誌などでコーチのバッグに
目をつけていました。

憧れていました。。。



お店にも良く見に行きました。


コーチのバッグは今でこそ、ストロー(麦)製や色柄が派手めなモノも
ありますが、当時のコーチのバッグは、【皮】を大切に考えられた、
見た目も柔らかめな皮バッグと言うイメージ。


私はコーチのバッグのそこにとても惹かれていました。


当時、まだ若かった私が持ち歩いていても
コーチのバッグは目立ちすぎず派手すぎず、
だけどシッカリブランドバッグとしての存在感をアピールしている・・・、
そんなイメージを持っていました。



コーチのバッグをプレゼントしてもらってからは、
ホントに良く持ち歩いていましたね。。。


でも、そこで私は気付いたんです。。。


コーチのバッグに使われている皮は、経年変化と共に、
自分に、とっても馴染んで来るんだと。。。



それに気付いてからは私はもう、
コーチのバッグの大ファンになってしまいました。



コーチ バッグ 皮1

コーチのバッグを頻繁に使っていて気付いた事、
それは、コーチのバッグに使われている皮は、経年変化と共に
自分に、とっても馴染んでくるんだと言う事です。


コーチのバッグが実に上品になって行くんです。


もう、コーチのバッグは世界に1つだけしかない、私だけのモノ!
って感じでした(笑)。


それからは、私はもうコーチの虜になってしまいました。


衝動買いはしませんでした(と言うか出来ませんでした・笑)が、
コーチのトートバッグ、コーチのショルダーバッグ、コーチのポーチなど
普段良く使うバッグは全てコーチにしました。



また、財布やパスケース、キーホルダー位までは
コーチで揃えていましたっけ。。。


コーチの皮の経年変化は、私のお給料が許す限り楽しんで愛していました。


最近のコーチのバッグは、コーチ柄なるモノが主流になっていますが
私がオススメしたいのはやはり、コーチの経年変化が楽しめる、
シンプルなモノが良いですね。


年月を辿ったしなやかでやわらかくて、それでいて美しいコーチのバッグは
使い込んだあなただけにしか分からない、
コーチのバッグの【成長の証】ですからね!


モチロン、その間のお手入れは必須ですよ。。。